なぜ彼女に誕生日プレゼントを贈らなければならないのか

最近では誕生日といえば彼氏と過ごすといった女性の方が増えてきていますが、一体どうして彼女の誕生日を彼氏が祝わなければならないのでしょうか。
そもそも、誕生日というのは両親と一緒にお祝いするのが道理というものではないでしょか。
大体、大半のカップルが生まれた時は赤の他人なのですから、その人のために高価な誕生日プレゼントを贈るというのは何だか納得いかないような気がします。
そこで、今回は彼女に誕生日プレゼントを贈らなければならない理由を考えてみたいと思います。
それにしても、クリスマスといいバレンタインといい、日本のイベントは何でもかんでも恋人と祝いすぎではないでしょうか。


これから家族になるという意味を込めてのお祝いの共有

恋人に対しては例外を除いて大半は将来的に家族になりたいという気持ちがあるものです。
そのため、誕生日にお祝いするというのは、これから家族になるのだからお祝いしておこうという意味が込められているのかもしれません。
しかし、日本の場合、大抵の夫婦はカップルの時とくらべて、誕生日プレゼントの質は年々落ちているような気がします。
そういった現状を考えると、これからどんどんクオリティが下がっていくことを見越して、やれるうちに派手な誕生日をやっておこうという考えなのかもしれません。
そう考えると、毎年派手にお祝いしているカップルというのも寂しく思えてきますね。


とりあえず一緒にお祝いする口実を作るという狙い

やはり、周囲を見渡してみると、とりあえず一緒にお祝いをする口実を作るため、といった状態が多いように思えます。
確かに、別に誕生日おめでとうなんて言われても対して嬉しくはないですし、そもそも誕生日祝いというのはそういったものなのかもしれません。
特に、日本人というのは何かにつけて恋人とお祝いしたいという傾向が見られます。
一緒にいる口実をわざわざ作らなければならないなんて、何だか源氏物語の時代にタイムスリップしたみたいな奥ゆかしさですね。
大体、恋人同士で集まっても誕生日らしい会話なんて最初の10分程度しか持たないので、この理由が正解ということでいいのかもしれません。


でも、何で誕生日プレゼントは恋人チックなものなの?

しかし、上記のような理由があっても納得できないのは、なぜ彼女への誕生日プレゼントは如何にも…な感じじゃないとダメということです。
本当に女性の方は誕生日にアクセサリーなど欲しいのでしょうか。
私であればもっと実用性の高いものを貰った方が嬉しい気がします。
大体、男性が選んだアクセサリーなんて大半センスが悪いものに決まっているのです。
そんなものを貰うぐらいであったら、新型のアイフォンなど貰った方が超ウレシイと思ういのですが…。
コレとは逆に、男性への誕生日プレゼントはかなり実用的なものが多い気がします。
こう考えると、彼女への誕生日プレゼントで悩む男性に必要なのは、世間の風潮に負けない強い心なのかもしれません。
いいじゃないですか、彼女への誕生日プレゼントにダイソンの掃除機をあげたって。
一人ぐらしの方であればきっと掃除機は嬉しいはず。ルンバなら更にラッキーって感じです。
現時点で、恋人への誕生日プレゼントに悩んでいるという方は、ぜひこの記事を読んで家電売場へとダッシュしていただきたいと思います。

最終的に家電製品のステマみたいになってしまいましたが、やはり誕生日だからといって世間の波に流されてしまうのは危険です。
こうした思考の停止が民主主義を崩壊させ、帝国主義を生み出す原因にも繋がってしまうのです。
ぜひ、これからの日本男子にはノーモアウォーの精神をもって、誕生日プレゼントという意味について今一度考えていただきたいと思います。
ちなみに、私は過去の誕生日の思い出として、2年連続でブックカバーをくれた恋人には殺意を覚えましたね。